@レポート4@

6.11PEACE DEMO in あおもり  に参加して

6.11国際行動デー 6.11脱原発100万人アクション連帯)
として全国150カ所 台湾、香港など海外でも取り組まれた行動に電通労組青森支部として参加しました。

 青森では晴天の下11:00からの駅前での署名活動、青い森公園でのフリートークからはじまりました。
 山本若子さん(青森県保険医協会)の原発関連の現状報告、
 そして県議会議員の古村一雄氏の県議会の実情(原発反対の声が聞こえない)が報告されました。

 引き続き、各個人のフリートークが行われました。
今回、岩手県での集会が企画されていないため、震災で流された方たちも青森に来てくれていました。
味噌醤油醸造元の方は津波ですべて流されたがみんなの力で再建できたこと、
仙台わかめの会の女性は気仙沼の実家が流され家族の消息がわからないことなど、
今回の震災の痛ましさから立ち上がるためにも原発はなくさなければならないと訴えていました。

 むつからきたご夫婦は、青森の原発に対する静かさ、反原発に参加する人の
少なさを嘆きながら、自分たちで出来ることから始めようと呼びかけていました。

 十和田や弘前から来た若者はネット見て来た初めて参加したが人数が少なく
残念、もっと呼びかけたいと言っていました。

 駅前の呼びかけで集まった人もおり、初めてこういう集会に参加したという
女性は来月韓国の人と結婚して韓国に行くが日本が心配だと、私たちが用意した
ゼッケンを一緒につけてデモに参加してくれました。

 電通労組からは青森支部の今立、佐藤が発言、弘前では「放射能から子供を守る母親会」
がチェルノブイリ原発事故からデモを続け6月25日で250回目になり息の長い活動をしています。
ぜひ参加をと呼びけました。さらにNTTでは福島の原発20k圏の交換所に強行突入し美談として伝え、
手袋が破れても、ガイガーカウンターが振り切れても修理を敢行
労働者の健康を考えていない実態は企業として許せないことを報告しました。

この模様はインターネットにより全世界に各会場から生中継されました。

http://chukeisimin.info/611/
http://iwakamiyasumi.com/archives/10238

青森の様子は以下のURLから動画を見ることができます。

http://www.ustream.tv/channel/iwj-aomori1/videos


引き続き13:10からは青森市内をデモ行進約50名の参加ながらシュプレキコールを呼びかけながら
道行く人に原発廃止を訴えました。

14:00からは蓮心寺集会所にて
 山本若子さん(青森県保険医協会)
 平野良一さん(核燃料廃棄物搬入阻止実行委・顧問)
 お二人からの放射線の危険性と反原発運動の実情などの話があり
6.11PEACE DEMO in あおもりの行動を終えました。

今後の行動しては
「さよなら原発1000万人アクション」が始まりました。
署名活動、賛同人募集しています。
http://www.peace-forum.com/no_nukes/

「原発にさよなら集会」9月19日(月、祝日)明治公園で予定されています。

今後とも脱原発をめざし行動していきたいと思います。


当日の模様の報道機関リンクです。
http://nonukes.jp/wordpress/?p=643