3.13〜14電通労組統一スト! 

08春闘 格差と貧困NO!
 NTTは格差是正の社会的責任を果たせ!!





    写真 080313NTT東日本本社前08春闘行動1

           NTT東日本本社前08春闘行動


 

    写真 080313NTT東日本本社前08春闘行動2

           NTT東日本本社前08春闘行動


   3月13日、14日、電通労組全国協春闘統一行動で、電通労組は08春闘を全員ストライキで闘いました。

 NTT東日本は、3月7日の交渉で「減収、減益の中でベースアップに応じられない」とゼロ回答通告。株主には今年も高額の配当を用意しておきながら、労働者にはねぎらいの姿勢さえ見せない会社に対し、私たちはストライキをもって生活防衛の声を上げました。

 NTT東日本本社前に、スト決行中の横断幕と電通労組のノボリ旗が立てられるや、またも会社はカラーコーンとトラ棒によるバリケードを築き、ガードマンを配置して本社前を封鎖しました。
 当日は晴天に恵まれ、8時半からスト突入集会が開催されました。電通労組全国協事務局長の高橋さんの司会で、最初に日野本部書記長からの基調提起が行われました。
   次に全労協中岡事務局長より連帯のあいさつがありました。「今日の日本社会では格差が広範に生み出され、職場では成果主義によって長時間労働があたりまえに行われ、その中で自ら命を絶つような事態もみられる。企業は労働者に利益を還元すべきであり、12日のJCへの回答などの企業姿勢は容認できない」と、全労協もともに闘うとのあいさつを受けました。続いて東京東部労組の矢部書記次長、N関労東京支部鈴木副委員長からの連帯のあいさつを受けました。N関労は、千葉、神奈川でストライキを行い闘っていることが報告されともに闘おうとの決意が示されました。

 ちょうど9時になりスト突入宣言が司会からなされました。
 次に職業病での解雇を闘っている木下孝子さんからのあいさつを受けました。「NTT東日本本社を見るたびに、労働者の血と汗で築き上げられたものとの思いを新たにする」、職業病による解雇撤回と石原分会長へ不当転籍を認めた都労委命令を会社は真摯に受けとめる べきとの訴えがなされました。続いてピースサイクル三多摩ネットの平田さんからあいさつを受けました。「フィリピンでピースサイクルを行い、交流している。PLTD(フィリピン長距離会社)は昨年575名の労働者を解雇した。2月25日には株を持つNTTコミュニケーションとドコモに申し入れに行った。NTTの合理化手法を海外でも行っており許せない」とNTTに解雇をやめせるように取り組んでいこうとのあいさつがなされました。

 続いて大阪電通合同労組と四国電通合同労組からの連帯のアピールが紹介されたあとに、古宮首都圏支部委員長の音頭でのシュプレヒコールが行われました。
 最後に大内本部委員長より生活防衛、格差貧困を許さない闘いとして08春闘を闘おうと決意が示され、団結ガンバローでこの日の東京での行動を終えました。

 電通労組は13日には東日本本社、福島で、14日は宮城、青森でそれぞれスト行動を闘いました。またN関労の仲間の横浜メディアタワーでのスト行動には代表を派遣し、神奈川支店に申し入れを行いました。14日にも神奈川春闘共闘の一日行動が取り組まれ、神奈川の仲間とともに闘い抜きました。





    写真 080313福島支部08春闘行動

           電通労組福島支部08春闘行動 08/03/13








3/14青森支部ストライキ
  NTT東日本―青森会社に申し入れ




    写真 080314青森支部08春闘行動


 3月14日青森支部5名は会社の春闘要求に対するゼロ回答に抗議し要求貫徹のため 小雨降る中、時限ストを敢行しました。

 全員7時45分頃にはNTT松原ビルに集合する予定でしたが、列車の事故で 遅れるアクシデントがありました。しかし準備中に車から「ガンバレよ!」の 声援を受けるなど、ストに対する支援が多く寄せられる中みんなが ビラを受け取ってくれました。
 橋本ビルとラインマンセンタに分散し3カ所ビラ入れに行きましたが、 会社側は、ラインマンセンタにビラ入れしていることを把握できずに30分くらい 行方不明として探していたとのハプニングがありました。

 会社には要求に対し誠実な回答をよこすように申し入れ、1時間の行動を 終了しました。
 ボーナスも昨年と同じという不誠実な対応に青森支部全員怒りを持って 今後とも会社を厳しく追及していきたいと思います。

  大阪電通合同労組からの春闘アピール

  四国電通合同労組からの春闘アピール