放射能を出さないエネルギーへ 
10・3NO NUKES FESTA 2009に参加!!



    写真 09100310・3NO NUKES FESTA 2009
           10・3NO NUKES FESTA 2009




  地球温暖化を防止し、持続可能な社会を目指すことが求められています。

 10月3日(土)原発に頼らないエネルギー政策の転換を求めるNO NUKES FESTA 2009が7000名の参加で東京の明治公園で開かれました。明治公園には時折雨が強く降るなど不安定な天気の中でも各市民団体のブースが立ち並び、ワークショップなども行われました。



     写真 09100310・3NO NUKES FESTA 2009
           10・3NO NUKES FESTA 2009



 この日午前11時に第1部が始まりました。歌手の李政美さんや寿らの音楽を間に挟んで、青森六ヶ所村や浜岡、柏崎刈羽原発、東海村臨界被ばく事故の現地からの報告や問題提起などの訴えがなされました。
 グリーン電力証書などのイベントの後に、午後2時から第2部が行われました。呼びかけ人を代表してルポライターの鎌田慧さんからのあいさつがありました。原子力をめぐる全体状況について実行委員会共同代表の小木曽美和子さんからの報告の後に、民主党の北海道の相原久美子参議院議員、社民党の福島みずほ党首、近藤正道参議院議員からのあいさつがありました。福島さんからは連立政権に入っても反原発の考えは変えないとの表明があり、経済産業省から原子力安全・保安院を切り離すべき、CO2削減のための原子力推進はまちがいと力強い訴えがありました。近藤議員からは国の原子力安全基準を見直していくべき、六ヶ所村の再処理工場や福井県敦賀市のもんじゅは安全と税金の無駄使いであり、3党合意の地球温暖化防止策は再生可能な脱原発へ転換していくように努めていきたいとの発言がありました。



    写真  09100310・3NO NUKES FESTA 2009
           10・3NO NUKES FESTA 2009

 

 続いて六ヶ所村再処理工場建設に反対する浅石さん、九州電力玄海原発でのプルサーマル燃料による発電計画の取りやめを求めている満岡さん、山口の上関原発建設に反対している山戸さんからの訴えがありました。エネルギー転換を求めていこうとの大林さんからの発言を受けて、鹿児島の川内原発に反対している鳥原さんから集会アピールが読み上げられて集会が締めくくられ、代々木公園までのパレードが行われました。
 なおNO NUKES FESTA 2009の企画として前日の2日(金)には経済産業省への要請や分科会、4日(日)には討論会、オープンカフェなども行われました。



    写真 09100310・3NO NUKES FESTA 2009