青い鯉のぼりが大空に上がった

〜青い鯉のぼりプロジェクト〜

      写真 110505 青い鯉のぼりプロジェクト


 東松島市大曲浜に全国から寄せられた200体以上の「青い鯉のぼり」が薫風の空に上げられました。

 宮城県東松島市大曲浜。大津波の襲撃で自宅が消失、母、弟、祖父母が行方不明になった高校生。自宅付近を捜していると弟が好きだった「青い鯉のぼり」がドロの中からでてきた。弟に「今年も揚げてね。」と頼まれた のを思い出し、必死に近くの川でドロを洗い落とし、自宅付近に掲げた。その後、弟と母たちは遺体で発見。

 「私達の街や人々の復興のシンボルとしてそして亡くなったこども達が寂しくない様に沢山の青い鯉のぼりを空高く揚げたい。」大津波で犠牲になった弟や子ども達を追悼して、東日本大震災こども復興支援として「青い鯉のぼりプロジェクト」が立ち上がった。インターネットで全国に不要になった「青い鯉のぼり」を求め、 5月5日に東松島市大曲浜の自宅付近に掲げようと呼びかけを発した。

 5月5日、全国から寄せられた200を超える「青い鯉のぼり」が地震も津波 の心配もない大空に掲げられた。プロジェクトには現在でも全国から「青い鯉の ぼり」が届いている。(H)




 青い鯉のぼりプロジェクト http://www.wadaiko.info/ritsunoyume/koinobori.html