いのちが大事 脱原発社会実現を! 
9・19さようなら原発 5万人集会に参加



    写真 110919さようなら原発
           

  東京明治公園は、「原発いらない」の思いを持った人々6万人で埋め尽くされました。最寄りの駅から会場へ向かう道路は軒並み人人の列が続いていました。脱原発集会で過去最大規模の集会となり、これからの脱原発運動の大きな力になることでしょう。

 鎌田慧さんをはじめに、大江健三郎さん、落合恵子さん、内橋克人さん、澤地久枝さんら呼びかけ人の発言、脱原発に舵を切ったドイツからのゲスト、俳優の山本太郎さん、福島ハイロアクションの武藤類子さんからの発言がありました。
 鎌田さんは、「脱原発の闘いは文化革命だ。今日の闘いを出発点にしよう!被災した人たちの救援運動、1000万人署名を成功させよう!」 と、大江さんは、「原子力政策は、荒廃と犠牲を生み出す。市民の抵抗を集会とデモで示そう!」と、 落合さんは、「皆さんと会えたのは嬉しい。しかし、そのきっかけを考えると腹だたしい。それを力に変えて明日を変えていこう!」と、澤地さんは、「戦後、広島、長崎、沖縄、そして福島と日本は実験場にされてきた。暴走を止める力を持っていない技術は不要。人を砦としてこの国を変えていこう!」と、内橋さんは、「新しい原発改定版が登場してきている。合意なく国策を許さず、命が輝く社会を作っていこう!」と呼びかけました。


    写真 110919さようなら原発


 最後に登壇した「ハイロアクション福島原発40年実行委員会」の武藤さんは、「この事故によって、大きな荷物を背負わせることになってしまった子供たち、若い人々に、このような現実を作ってしまった世代として、心からあやまりたいと思います。本当にごめんなさい。」と語りはじめ、このような事態を許した大人たち私たちの責任を問い、当たり前の生活から毎日引き離されていく現実を「毎日、毎日、否応無くせまられる決断。逃げる、逃げない? 食べる、食べない? 洗濯物を外に干す、干さない? 子どもにマスクをさせる、させない?畑をたがやす、たがやさない? なにかに物申す、だまる?さまざまな苦渋の選択がありました。」とし、「この政府は私たちを守らないし事実を隠すものだと実感したし、私たちは捨てられたと思った。」「福島県民は今、怒りと悲しみの中から静かに立ち上がっています。」「原発をなお進めようとする力が、垂直にそびえる壁ならば、限りなく横にひろがり、つながり続けていくことが、私たちの力です。」と原発のない世界を作り出すために力を合わせようと呼びかけました。

            武藤類子さん(ハイロアクション福島原発40年実行委員会)の発言



    写真 110919さようなら原発


 集会後のデモは都内3コースに分かれ4時間を要し、脱原発を様々な表現で訴えました。結集した力は、原発再稼動など原発維持派の輩に大きなダメージを与えましたし、脱原発を求める運動側も「脱原発社会実現」を現実のものにできると確信しました。この日の力を出発点に1000万人署名http://sayonara-nukes.org/を成功させ、来年3月に野田政権に脱原発の1000万人の意志をたたき付けようではありませんか!
 署名の第1次締め切りは9月10日、第2次締め切りは12月20日、第3次締め切りは2012年2月28日となっています。3月24日には集約集会も提起されています。全力で「脱原発社会実現」に向けて前進しよう!



    写真 110919さようなら原発