4/28〜30被災地から学ぶ宮城/福島スタディツア 
被災者に寄り添った復興支援を!!


    写真  120428 宮城スタディツアー
           120428 宮城スタディツアー 青い鯉のぼりプロジェクト

4/28、29宮城スタディツアー  
東松島市、石巻市、南三陸町、女川町の現状を聞く!!!

 4月28日から30日にかけて宮城全労協の呼びかけで「宮城、福島の被災地から学ぶスタディーツアー」が企画され、大阪、四国、首都圏をはじめ3日間でのべ70名が参加した。地震、津波、原発事故という複合災害の一年経った被災地の実態を自らの目で見て、被災者に寄り添った復興支援がどうあるべきなのかを考える企画として準備されてきた。

 一日目の28日、震災以降、宮城全労協が中心に復興に向けて支援してきた東松島市東名地区にある宅老施設NPO法人「のんび〜りすみちゃんの家」に大阪、四国、首都圏から参加者が集まる。昼食を交えながら、代表の伊藤寿美子さんからこの一年間の施設復興への取組みの報告とその後の震災で現在も止まっている住民の足でもあるJR仙石線の復旧に向けた取組み、その一環でもある全国のボランティアに支えられ3月10日に開催された「走れ!仙石線」のイベントが紹介された。伊藤さんは、「ボランティアの皆さん一人一人の支えでここが復旧できた。復旧したことで、この地域に一軒一軒と住民が戻ってきている。元の地域に戻すためにも仙石線の早期復旧を求めて行きたい」と語った。


    写真  120428 宮城スタディツアー
           120428 宮城スタディツアー すみちゃんの家

 参加者は、宮城全労協の組合員の案内で、東松島市の大曲地区を視察。ここは集団移転の対象地域で瓦礫はほぼ3.11のままで、被災し破壊された家屋も放置されたままである。震災当事、弟が犠牲になり自宅の近くで弟の大好きだった青い鯉のぼりを見つけ、震災で犠牲になった子どもを追悼するために鯉のぼりを上げようと全国に呼びかえられた「青い鯉のぼりプロジェクト」。全国から300匹以上が集まった。(このプロジェクトに賛同し鯉のぼりを贈ってくれた仲間も今回のツアーに四国松山から駆けつけている)今年は、3月11日から5月5日までここに掲げられ薫風の青空を泳いでいた。

 石巻市では、石巻工業港に設置の震災瓦礫二次仮置き場や魚市場、日和山から石巻市内、渡波地区などの被災地域を見て回った。津波と火災に見舞われた門脇小学校の校舎内を覗くと3.11当日そのままがそこにあった。
 その日は、東松島市の宮戸島月浜の民宿に宿泊。月浜の集落は津波で全壊したが高台にあったこの民宿は被災を免れた。参加者それぞれの震災に対する思いやこの一年間の支援の報告を交えながら和やかに交流。


    写真  120428 宮城スタディツアー
           120428 宮城スタディツアー 大高森の夕日

 二日目は、南三陸町に向かう。この日の参加者は19人。町の全域が消滅した志津川地区。全統一労働組合や「移住労働者と連帯する全国ネットワーク」などで震災以降、毎週一回取り組まれてきた「名無しの救援団」の炊き出し活動を経て、全国の仲間が支援する一煉瓦一万円の基金活動を基に地域のコミュニティとして今年1月19日に営業を開始した「さんさカフェ」を訪れ激励。500円の定食を頂き、店の共同代表である内海さんからカフェの活動や被災者支援プロジェクト(1000円で食事券を支援者が購入→その食事券を被災者にプレゼント→被災者がさんさカフェで食事)を紹介してもらい交流。その後、復興市や被災した市街地を視察しながら、石巻市北上町を経由して大川小学校に向かう。


    写真  120429 宮城スタディツアー
           120429 宮城スタディツアー さんさカフェ

 大川小学校では、68名の尊い子どもたちの命が失われた。(未だ6名行方がわからない。)当日もたくさんの人々が追悼に訪れていた。参加者も慰霊塔に献花をして行方不明者の早期の発見と犠牲になった方々の冥福を祈った。

    写真  120429 宮城スタディツアー
           120429 宮城スタディツアー 大川小学校

 市街地の8割が壊滅した雄勝町に向かう。大川小学校から峠にある釜谷トンネルを抜け雄勝湾に出ると、人のいない市街地があった。今回の参加者は以前の雄勝町を知る人は少ない。瓦礫が片づけられているので、こんなところかと思われるだろう。震災以前の町内の写真を示しながら説明する。ここも建設制限がかかり、集団移転の対象地域だ。リアス式の山が迫った地域での集団移転。それは、ふるさとを捨てろといわれているのと同じだ。

 次の訪問地女川に向かう。リアス式海岸を這うように走る国道398号線。山桜が満開だ。女川町立病院駐車場からここも壊滅した女川町内を視察する。いたるところで震災を受けたビルが解体されている。海抜15mの町立病院まで徒歩5分の七十七銀行女川支店では屋上(3F)に避難し13名が犠牲になった。まだその建物が残っている。

 昨年11月、8ヶ月遅れた統一地方選で初当選を果した女川町議阿部美紀子さんに町立病院の駐車場まで足を運んでもらい女川町の現状とこれからの取組みについて報告をして頂いた。彼女は、「町民は、声には出さないが、ほとんどが不安だと思っている」「町外でもこれまで声のなかった地域で反対の動きが起きている」「被災して人口流出が続いている。原発があれば人は戻ってこない。原発のない町を目指していく」と切々と話していた。阿部さんにお礼をし、「女川から脱原発を」と書き込まれた阿部さんのワゴン車を囲んで参加者と「記念写真」をとり、脱原発の思いを新たに誓い合った。


    写真  120429 宮城スタディツアー
           120429 宮城スタディツアー 女川町阿部町議と交流


 阿部さんと別れたあと女川原発の見える小屋取浜へ海岸線を走る。福島第一事故以降、再稼動できずに女川1号〜3号機が静かにたたずんでいた。原発入り口には、原発に「アカンベー」をした子どもと「事故で止まるか!みんなで止めるか!」のスローガンが書かれた女川反対同盟の立てた大型看板があった。事故で止まったことに忸怩たる思いはあるが、5月5日、日本国内の原発がすべて止まった。


    写真  120429 宮城スタディツアー
           120429 宮城スタディツアー 女川町

 女川から仙台に戻り、宮城全労協と参加者の交流会を持ち被災地の状況ととりわけ瓦礫問題と原発問題(除染と食料汚染など)について意見交換が行われた。


4/30福島スタディツアー 南相馬市の現状を聞く! 
福島第一原発事故の被災者への全面的な支援を!!



    写真 120430福島スタディツアー
          120430 福島スタディツアー


   4月30日(月)宮城全労協主催の被災地から学ぶ宮城/福島スタディツアーの三日目として福島県南相馬市を訪ねました。

   仙台を8時に出発し、10時過ぎに南相馬市の原町区に着きました。南相馬市の生涯学習センターで原町区に在住の星さんと被災前福島第一原発から20Kの小高区に住んでいた木幡さんからお話を伺う原町卓話会がもたれました。
 最初に星さんからは原発事故により避難しなくてはいけなかった経過やご自宅の放射線量の高さなどが語られました。「家族、親戚、友達とも引き裂かれ、海、山、川へも遊びに行けなくなり、生活が一変した」福島原発事故について怒りを持っての訴えがありました。

 木幡さんからは「避難者の話を聞いてもらうこと」への感謝の言葉があり、事故当時の様子が語られました。事故が起こって行政等からの連絡はなく自主的に学校へ避難し、その後転々と避難場所を移り現在は福島市のアパートに避難しているとのことでした。今年4月16日にご自宅のある小高区の避難区域が解除されたが、泊ることは許されていないとのこと。大変な状況の中でありながらもレジュメを用意していただいて、原発事故の実態について被災者としての思いが語られました。事故以前に福島第一原発で作業していた人の「老朽化していて年がら年中配管の破損の復旧にあたってきた」という話からも、福島第一原発事故は天災ではなく人災であることが明らかですと話されました。日本が公的なものを減らしてきた結果からもたらされたと話され、薪ストーブで暮らしてもいいから原発は無くさなければと奥さんとのお話も紹介されました。

 ほかに地元の石田さんからは「原発事故被災地から憲法を考える」との意見書を読ませていただきました。

 参加した方からの質問に答えて星さんから「除染の難しさ」や「このままでは子どもたちも生活できないし、農業・漁業・自営商店、職場の確保も厳しくなり将来への不安」が語られました。
 木幡さんからは東電と労組の役割分担で地域で原発建設を進めてきた実態が話され、県立医科大への山下俊一副学長の任命に見られるように県や市町村の行政の放射能被曝対策、健康対策が被災者の立場に立つことなくいわゆるモルモットのように扱われている実態について怒りを込めて語られました。何十万年も処理できない原発のごみを後の世代に残すことは許せないと訴えられました。



     写真 120430 福島スタディツアー
           120430 福島スタディツアー


   昼食後地元の星さんの案内で、南相馬市原町区の海岸地帯の震災での津波での被災現場や避難区域が解除された小高区を見学しました。小高区では一年以上も立ち入りができなかったため東日本大震災の直後の状態そのままに放置されてきた建物や流出物がありました。休日でしたので家の片付けに見えている方も見かけました。
 また、警戒区域を解除されていない浪江町との境の検問所付近まで足を運びました。


    写真  120430 福島スタディツアー
           120430 福島スタディツアー

   小高区の旧市街地ではやはり壊れた建物がそのままに放置され、地元出身の憲法学者の鈴木安蔵さんのご実家なども紹介されました。

 その後原町区片倉で酪農を営んでいる杉さんからお話を伺いました。震災後いったん避難したが、牛をそのままにしておけないと奥さんと子供さんは避難させて、ご両親と3人で牛の世話をしているとのことでした。以前は55頭いた牛も現在35頭を飼っていて、餌は北海道や外国産を購入して与えている。除染をしないと住み続けられないが、進んでいない。何とか福島で地元で農業を続けていくため頑張っている杉さんの話に頭が下がる思いでした。



    写真  120430 福島スタディツアー
           120430 福島スタディツアー

   案内の途中の山間部で放射線量を測ってみると毎時20〜30マイクロシーベルトあり、年間26ミリシーベルトにも達してしまうところもあり、汚染の実態に驚くばかりでした。
 ツアーの最後に原町区の相馬野馬追いの甲冑競馬や神旗争奪戦が行われる会場の雲雀ケ原祭場地で地元の方々に地元名産のアイスまんじゅうをいただき交流を深め、解散となりました。

 企画、案内を務めていただいたみなさんお世話様でした。参加者の皆さんお疲れさまでした。全国各地に報告を発信していきたいと思います。  



    写真 120430 福島スタディツアー