原発の再稼働反対! 脱原発社会を!! 
7・16さようなら原発集会に17万人が参加



    写真 120716さようなら原発集会
           

  炎天下の7月16日代々木公園は、「原発いらない・再稼働反対」の17万人の思いで埋め尽くされました。会場へは次から次へと切れることの無い人々の列が続いていました。この日の集会は第1ステージ(サッカー場)、第2ステージ(野外音楽堂)、第3ステージ(案内カー)、第4ステージ(案内カー)と様々なイベントが行われました。

 第1ステージでは12時50分過ぎからメイン集会が開催されました。司会の講談師の神田香織さんの開会のあいさつに続き、作家の鎌田慧さんは、政府が今行っているエネルギー政策のあり方の検討について「絶対に原発ゼロにさせなければならない。そのためにどんどん意見を言っていこう」と呼びかけました。
 音楽家の坂本龍一さんは「たかが電気のために、なぜ命を危険にさらさなければならないのか。福島の原発事故の後に沈黙は野蛮だ」と訴えました。
 経済評論家の内橋克人さんは、「合意なき国策の上に、日本中に原発が作られてきたことに、はっきりと“さようなら”の声をあげよう」と語りました。

  作家の大江健三郎さんは「私たちは侮辱の中に生きている。政府のもくろみを打ち倒さなければならないし、それは打ち倒しうる」と、落合恵子さんも「原発はいりません。再稼働もいりません」と、再稼動を容認した野田首相を厳しく批判しました。澤地久枝さんは、集会に子どもたちも多く参加していることをあげ、「この未来に続いていく命のために、私たちが今できることをやろう」との呼びかけました。


    写真 120716さようなら原発集会


 ほかに作家の瀬戸内寂聴さん、評論家の広瀬隆さんより脱原発に向けた熱い思いが語られました。

 再稼動された大飯原発のある福井の中嶌哲演さんからは「大飯原発再稼働は死刑判決を受けたようなものだ。住民を無視した巨大な利権構造がある。第2のフクシマにしてはならない」との訴えがありました。

 集会の最後に、武藤類子さん(ハイロ(廃炉)アクション福島原発40年実行委員会)が立ち、「1年余にわたって、1人ひとりが考え、様々なことをやり遂げてきた」ことを讃えつつ、「絶望こそ希望だ、という言葉もある。声なき声をともにあげ、分断されることなく賢くつながりあってともに歩んでいこう」と力強く話されました。

            
    写真 120716さようなら原発集会


 集会後のデモは都内3コースに分かれ、参加者は思い思いにプラカードや横断幕、うちわなどを掲げて、「原発反対!」「再稼動を許すな!」「子どもの未来を守れ」などとアピールしながら、元気よく行進しました。



  <さようなら原発10万人集会に参加して>  青森・高沢 

 炎天下の東京代々木公園に、労組や団体、全国各県からの参加者ばかりでなく、休日に家族できた風な人たちやベビーカーに子どもをのせたカップル、若い女性グループ、などなど実にたくさんの人々が、何か言いたい、気持ちを表現したいと手製のプラカード、旗、横幕、帽子、など様々なものを持ち集まっていた。土埃のグラウンド、草の上、木陰や歩道にまで人で埋め尽くされた。そうしてステージで始まった呼びかけ人の話に拍手や声で応えていた。

 街へ出たデモ隊に、沿道から、歩道橋の上から手をあげて応援している人も多くいて、かつてこんな風景は見たことがない。もう誰もが、誰にも頼れない、自分が動かなければ今をよくすることができないと気づき始めたのだ。これが本当の民主主義なのだろう。政府も自治体も労働組合も誰もかれも当てにならないことがすっかりばれてしまった。国民が立ち上がったのだ。

 しかしこれからが気になる。このパワーを誰かがうまくコントロールしなければ「あじさい革命」はただの「烏合の衆」で終わってしまう。でもこれの繰り返しが増幅したエネルギーとなり、次の行動につながっていくのだろう。これを日本の隅々で起こさなければならないと思う。



    写真 120716さようなら原発集会