11・9東部けんり総行動
企業の枠を超え 地域のスクラムで争議解決へ  



      写真 121109 JR新小岩駅頭
      JR新小岩駅頭

 東京東部地域では東部全労協が主体となり、毎年春と秋に東部地域の争議拠点に争議解決を迫る行動を行っています。11月9日(金)には秋の行動が取り組まれました。

 この日は早朝からJR新小岩駅前に集まり、1日の行動をスタートしました。最初に東部けんり総行動代表の岸本さんから地域の争議の解決、東日本大震災の復興の取り組み支援、拡大する非正規労働など労働者の権利の確立を求めた闘いを地域で取り組んでいこうとのあいさつが行われました。続いて国鉄からJRへの分割・民営化時に不当解雇された1047名の解雇撤回を求めた闘いの報告やJRの安全問題、グリーンスタッフと呼ばれる契約社員の社員化の要求を求めて国労江東支部の仲間より発言がありました。


 行動はバス2台に分乗し争議拠点を巡りました。最初に葛飾区奥戸にある多摩ミルクに対して抗議行動を行いました。多摩ミルクグループでは残業代の未払いや労災事故隠し、組合員への嫌がらせ、パート労働者への差別などが行われています。「昔のことは忘れた」と居直る会社に、全国一般東京東部労組多摩ミルク支部の仲間は残業代を支払えなど抗議と要求の申し入れを行いました。


      写真 121109 多摩ミルク前
      多摩ミルク前


 次に昼食をはさんでNTT持株会社への行動が取り組まれました。

 電通労組首都圏支部は、東部けんり総行動の代表者と全国一般東京労組、N関労の仲間とともにNTT持株会社に対して木下孝子さんの職業病解雇撤回や難病の奥さんを介護している保坂さんの転勤、異職種広域配転の撤回を求めて要請を行いました。NTTは要請団の申入れに相変わらずの誠意の無さで対応。集会の最後に抗議のシュプレヒコールを行い持株前での行動を終えました。


      写真 121109 NTT持株会社前
      NTT持株会社前


  続いて中央区東日本橋にある藤ビルメンテナンス株式会社に向かいました。藤ビルメンテナンスはビルメンテナンスと廃棄物収集と運搬作業を行っています。藤ビルメンテナンスでは、2名の労働者が不当に解雇されています。「敷地から出ていけ」などと組合敵視の会社に、全統一藤ビルメンテナンス分会と支援の地域の仲間で不当解雇の撤回や未払い賃金の支払い、そして安心して働ける職場の確立を求めていきました。


      写真 121109 藤ビルメンテナンス前
      藤ビルメンテナンス前


 次に9月14日に偽装倒産で18名の仲間が解雇されたフジ製版の社員の解雇撤回を求めて、社長宅と親会社である富士美術印刷に申入れ行動を行いました。遡って10月26日には荒川区議会や区長への要請と250名規模での荒川地域デモも行われました。
 
 最初に文京区千駄木にあるフジ製版の社長宅に行きました。社長へは破産に至る経過説明会の開催と労働債権の支払いを求めて申入れをしました。社長宅は居留守を使っているのか何の対応もありませんでした。

 続いて、荒川区西日暮里にある富士美術印刷株式会社に向かいました。最初に構内で行われた集会では、東京労組の仲間から組合つぶしのために完全に仕組まれた倒産であることが報告されました。その後、当該である全国一般東京労組フジビグループ分会が主体となり、東部けんり総行動の各組合とともに申入れを行いました。解雇された組合員全員の親会社である富士美術印刷への雇用などを要請しました。


      写真 121109 フジビ構内
      フジビ構内

 最後に構内で団結ガンバローを行い、この日の行動を締めくくりました。

 企業の枠を超えて、正規・非正規の区別なく労働者がともに生活できるように、争議解決のために相互支援を行っていく取り組みに今後とも参加していきます。