福島原発事故を忘れない!! !
女川原発再稼働を許さない!  
3.16 NO NUKES みやぎ


  福島原発事故から3年目の3月16日、宮城県内の反原発、脱原発市民団体、労働組合、平和運動団体で構成する「女川原発再稼働を許さない!2014みやぎアクション」が主催の脱原発集会「福島原発事故を忘れない!女川原発再稼働を許さない!3.16 NO NUKES みやぎ」が仙台市錦町公園に1500名が結集して開催されました。


    写真 1403163.16 NO NUKES みやぎ


   「みやぎアクション」は、大震災以降、毎年、県内の労働者市民に呼びかけ開催してきています。

 13時からの第一部、ライブパフォーマンス、ブース展示に引き続いて、第二部の集会は、大震災で犠牲になられた方々を悼んで黙とうではじまり、みやぎアクション代表の鈴木宏一さんは、「原子力規制委員会のシビアアクシデント対策では、重大事故に対応できない。スリーマイル、チェルノブイリ、福島の重大事故を今後発生されないことは不可能であり、女川原発の再稼働は認めない。廃炉に追い込もう」と参加者に訴えました。

 ゲストとして参加した福島原発告訴団団長の武藤類子さんは、全国から14000人が参加した福島原発事故告訴に対して全員不起訴した東京地検を弾劾、3年目を向かえ子どもの甲状腺がんの疑いや汚染水問題など被害が拡大していることを示し、除染や原発事故収束労働者の被ばくをはじめ、収束作業でゼネコンだけがボロ儲けし、搾取と差別がますます拡大していくことが語られた。

 女川原発から30km圏内の前美里町長の佐々木功悦さんは、美里町が「脱原発宣言」を行い原子力に依存しない社会実現に向けた町つくりの経過を報告、脱原発の主張に対して、ある政治家から「危険分子と思われる。」と指摘されたことを紹介し、「原発むらの輩こそ危険分子だ。」と訴え、周辺自治体の反対運動を強めていくことを訴えました。 

 協賛団体からのアピールでは、女川町議で「女川から未来を考える会」の阿部美紀子さんは、「復興を妨げているのは原発の存在。がれきのなかから原発廃炉を叫び続けたい。」「8月10日に女川で加藤登紀子さんと小出裕章さんを招いて開催する「女川トーク&ライブ」の参加を訴えました。

 「女川原発の廃炉を求める大崎連絡会」の佐藤昭一さんは、大崎市議会が飯館村視察などを実施して、「女川原発の廃炉を求める意見書」を採択したことが報告された。

 自由法曹団宮城支部、宮城県護憲平和センター、原発問題住民運動宮城県連絡センターから女川原発2号機の再稼働を狙う安全審査申請の撤回を求め、女川原発の廃炉を求めて闘うことが表明されました。

 「新規制基準は、「ベント」を格納容器に設備するよう求めているが、それは住民を被ばくさせることであり、そのような対策は許されない!」
 「村井宮城県知事は、東北電力の救済、国策に協力するのではなく県民の命を守れ!」
 「宮城県民6割超が、再稼働反対であり、それが県民世論だ」
 原発の再稼働はありえない。東北電力に再稼働の断念を求める。」という集会アピールを採択して、仙台駅前までのデモ行進を行い、宮城県民に女川再稼働中止と廃炉、脱原発社会の実現を訴えました。(宮城支部)            



    写真 1403163.16 NO NUKES みやぎ


 
 

    写真 1403163.16 NO NUKES みやぎ