4・12「4・9反核燃の日」全国市民集会に参加(青森支部)

脱原発 核燃マネーから自立し地域の活性化を目指そう!! 



      写真 150412 青森市民ホール
      150412 「4・9反核燃の日全国市民集会」 青森市民ホール

 1985年4月9日に、当時の青森県知事が 六ヶ所再処理工場など、核燃料サイクル施設の受け入れを決めて以来続けられてきた「4.9反核燃の日全国市民集会」が4月12日青森市民ホールで行われました。

 基調報告の山田清彦さん(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団・事務局長)に続き、講演 伴英幸さん(原子力資料情報室・共同代表)が行われ、「核燃マネーから自立し地域の活性化を目指すためにの論議を巻き起こそう」と提起されました。

 反原発を闘うむつ、函館、六ケ所からの報告があり、鳥取、神奈川、東京、群馬の市民団体の取り組みが報告されました。集会後青森市内をデモ行進。参加者は集会、デモ140人ほどでしたが、電通労組青森支部は協賛団体として取り組み「核燃いらない、子どもを守れ」と参加者とともに大きな声でシュプレヒコールを上げました。


      写真150412 「4・9反核燃の日全国市民集会」
     150412 「4・9反核燃の日全国市民集会」