17春闘 3.14〜15全支部でストライキを闘い貫く!!    

生活できる大幅賃上げ、ディーセントワークの実現、
労働法制の改悪を許さず、脱原発社会の実現を!

 

    写真 170314NTT東日本本社前17春闘行動

           170314 NTT東日本本社前17春闘行動


 官製春闘を打破し、大幅賃上げを始めとした春闘要求実現に向けて、電通労組は3月14日と15日、各支部で連続のストライキ行動を展開しました。各支部からの報告です。

<首都圏支部>

 冷たい雨の降り続く3月14日、首都圏支部のストライキは、初台の東日本本社社前でN関労と合同で行われました。

 司会の和嶋首都圏支部委員長は、「17春闘を、生活できる大幅賃上げ、ディーセントワークの実現、労働法制の改悪を許さず、脱原発社会実現をめざしてストライキで闘いぬこう」と表明しストライキ集会が開始しました。

 続いて主催者あいさつとしてN関労東京支部奥園委員長は、労働者が闘う春闘の意義を説明し、ともに闘おうとの決意が示されました。次に電通労組本部日野副委員長より、春闘交渉での長時間労働の規制とインターバル制度の導入をNTTが検討していないことを指摘、また、原発事故避難者の避難指示解除の問題や被災地の現状について報告され、15日には各支部でもストライキで闘うとの決意の表明が行われました。
 

    写真 170314 NTT東日本本社前17春闘行動

           170314 NTT東日本本社前17春闘行動


 連帯のあいさつに移り練馬全労協の三沢さんより練馬での春闘の取り組みの報告が行われ、郵政産業労働者ユニオンの中村書記長からは郵政での17春闘の取り組みとして長時間労働の是正や非正規社員の均等待遇と正社員化を目指していくとの決意が示されました。
 東京労組の中原副委員長は、最初に木下さんご夫妻からの思いを語られ、国会での膨張する防衛費の予算案や「働き方改革」の欺瞞性、フジビ解雇撤回闘争での倒産の経緯とスラップ訴訟の不当判決をはねかえし、偽装倒産でやりたい放題の労働者使い捨てを許さないと闘う決意が述べられました。

 また、葛飾区労協の立野さん、JAL争議団の鈴木さん、中岡全労協事務局長、中部全労協の坂本副議長、そしてユニオンネットお互いさまの斉藤委員長より連帯のあいさつがありました。JAL争議団の鈴木さんからは解雇から7年目を迎えるが、安心して暮らせる社会を目指してともに闘いましょうと全労協の中岡事務局長からは全国の全労協の17春闘の取り組みが紹介されました。

 ストライキには、全労協の中岡事務局長始め、練馬全労協、郵政産業労働者ユニオン、ユニオンネットお互いさまなど地域の方からの支援もいただき約40名で8時半〜9時半まで集会を行いました。

 最後に司会のN関労鈴木さんの音頭でシュプレヒコールを行い、閉会のあいさつとして奥山N関労東委員長の決意表明と団結頑張ろうでストライキ行動を終えました。

    写真 170314 NTT東日本本社前17春闘行動

          170314 NTT東日本本社前17春闘行動



<宮城支部>


    写真 170315仙台 NTT五橋ビル 17春闘行動

    170315仙台 NTT五橋ビル 17春闘行動

 宮城支部は、3月15日NTT五橋ビルに結集し、組合旗やスト決行中の横断幕をはり出し、霙まじりの雨のなか、宮城全労協の仲間の支援を受けて、ストライキ集会を開催しました。

 中鉢宮城支部副委員長は、官製春闘に反対し、生活できる大幅賃上げを勝ち取ること、安倍政権の進める「働かせ方改革」に反対し、ディーセントワークの実現、時給1500円実施、長時間労働の規制強化、福島の避難住民と連帯し脱原発社会の実現を掲げて闘うという17春闘目標を示して、闘う決意を述べました。

 支援に駆けつけて頂いた東北全労協の亀谷事務局長は、昔は、交通事故死が10000人を超えた時代、「交通戦争」といわれ社会問題になったが、貧困と格差が進み高齢者の孤独死が10000人を超えているのに社会問題にならないのはおかしい。また、労働者が血と汗を流して勝ち取ってきた「一日8時間労働」がいとも簡単に壊されていく状況にある。このような社会状況を許さないためにも労働組合の闘いが必要なのだと連帯の挨拶を述べました。

 郵政合同労組、宮城合同労組からともに闘う連帯の挨拶が述べられ、全体で17春闘勝利のシュプレヒコールでストライキ行動を終えました。



    写真 170315仙台 NTT五橋ビル 17春闘行動

    170315仙台 NTT五橋ビル 17春闘行動



<青森支部>


 3月15日青森支部では、冷たい風のなかで、青森ラインマンセンターとNTT松原ビルで情宣とストライキ行動を展開しました。


  写真 170315青森 17春闘行動

           170315青森 17春闘行動



><福島支部>


 福島支部も3月15日、福島、いわき分会で情宣活動し、1時間のストライキを闘い貫きました。ストライキ終了後、郡山で開催される「3.18原発のない福島を!県民大集会」に全力で結集することを各分会で確認し解散しました。

 3月15日、会社から春闘要求への格差、低額回答が示されました。これに抗議に非協力闘争の継続を会社側に通告しています。

 マスコミにも取り上げられ、NTT労組も「成果」として宣伝している非正規労働者も含む「サポート手当」(食事補助費)の新設は、NTTと直接雇用の非正規労働者のみで、パート労働者や派遣労働者は、対象外です。電通労組は、全ての労働者への支給を求めます。

 また、長時間労働規制に関しても「36協定の特別条項の廃止」「勤務間インターバル」制度導入を粘り強く要求し実現に向けて闘います。       


    写真 170315仙台 NTT五橋ビル 17春闘行動

    170315仙台 NTT五橋ビル 17春闘行動



    写真 170314 NTT東日本本社前17春闘行動

 170314 NTT東日本本社前17春闘行動