不当逮捕全員を即時釈放せよ!
横浜市教委、相模原市教委は不当逮捕を理由とした処分をするな!


がくろう神奈川の組合員に対する弾圧を許さない!! 


  電気通信産業労働組合本部執行委員会声明


 学校事務職員労働組合神奈川(がくろう神奈川)の組合員と元組合員4名が、神奈川県警公安3課と栄警察署に「強要未遂」で不当逮捕された。団体交渉で組合の説明要求に不十分な回答しかしなかった校長が、時間が来たとして離席したのに対し、抗議し、要求に応えない相手の姿勢を指摘し、要求実現に向けて更に取り組みを強めることを通告することが「強要」だというのである。そのようなことが認められるのなら、一切団体交渉などできない。今回の弾圧は、がくろう神奈川に向けられただけのものではなく労働組合活動全般に対する攻撃である。

 がくろう神奈川は少数組合であるが組合員は、現場で働く労働者の権利を守ることを基本とした原則的な労働運動を職場から展開してきた。今回の評価をめぐる取り組みをみても、人事評価制度に反対し、多数労組や御用組合のように使用者に服従せず、差別的な労働者支配、管理を許さないことを基本に闘っていることがわかる。

 また、がくろう神奈川の組合員は職場の問題だけではなく、反戦、反基地、反原発、日の丸君が代強制反対、野宿者支援活動、3.11大震災被災支援ボランティアなど社会的運動にも積極的に参加してきた組合でもある。

 神奈川県警の弾圧は、当たり前の労働運動、組合活動つぶし、差別や社会的不正を許さない社会運動つぶしである。

 電気通信産業労働組合は、この不当逮捕を許さない。4人の即時釈放を求め、がくろう神奈川を防衛し、不当弾圧を跳ね返し全力で闘うことを表明する。


 直ちに不当逮捕者4人を即時釈放せよ!
 不当逮捕者の即時奪回に向け、がくろう神奈川とともに闘おう!
 がくろう神奈川の仲間を激励しよう!
 神奈川県警、栄署、拘留を認めた裁判所、検察に抗議を集中しよう!
 横浜市教委、相模原市教委は不当逮捕を理由とした処分をするな!


                                   2011年10月31日 

                              電気通信産業労働組合本部執行委員会

   学校事務職員労働組合神奈川の抗議声明

   学校事務職員労働組合神奈川の抗議・支援要請