不当な年金減額反対!

同意書を返送してはダメ!

  

 年金受給者の皆さん!

 

 会社とNTT労組は、企業年金制度を改悪し年金減額を行うための「同意」取り付けにむけ動いています。3分の2以上の同意が無ければ年金減額が出来ない(法的に)と言うなかで、

遮二無二「減額同意取り付け」のために「協働」していく事を確認しました。

とんでもない事です!

年金は個々人の「財産」です。一人ひとりの財産を「3ぶんの2以上の多数決」で「奪う」事が出来ること自体がおかしいのです。しかも、退職時に約束した当事者(NTT)ではなく「NTT労組」が「年金制度の改悪」と「年金減額」を要求し、会社がそれに乗って「制度改悪」の道筋が決まったことをみるなら「出来レース」でしかありません。年金減額は「契約変更」ですから「減額は嫌!」と言ったら減額してはならないのです。会社は、3分の2以上の同意を取り付けて年金減額を行おうとしていますが絶対にそうさせてはなりません!

 

「会社・NTT労組の企み!不安を駆り立て「同意」を迫る悪徳商法!」

 

年金受給者・受給権者のもとにパンフとともに「同意書」が送られています。そのパンフには次のように記載されています

 

なお、「同意書」については、ご返送いただかないと、今回の制度見直しに「非同意」と取り扱われますので、ご返送忘れの無いよう、ご注意をお願いします。(NTT第5回パンフより)

 

全くおかしな「悪徳商法」まがいの言い方です。「同意書」はあくまでも「減額に同意します」と言う人のみ「署名」「「捺印」して返送する仕組みです。

ですから、「減額に同意しない」と言う人は「返送する必要なし!」と言うことです。審査をする厚生労働省も「同意書」が「本人の署名・捺印」によるもので「3分の2以上の同意」があるかどうかを「審査」するものであり、当然にも「返送しない」人は「不同意者」扱いになります。

 

ところが会社は・・・「ご返送いただかないと、今回の制度見直しに非同意と取り扱う・・」と主張することによって「出さなければ、なんか不利益があるのでは?」と思わせる記述です。今、社会問題になっている悪徳商法にも「何月何日まで御返送頂けなければ当社としてxxいたします」と不安を掻き立てて詐欺行為をはたらいている。今回の同意書も、返送するためには「本人の署名・捺印」を「必要」とするわけですから「非同意になったらなんか不利益があるのでは?と言う不安を持たせて同意書をかき集めようとする姑息な手段だ。「非同意」等というわけもわからないものを持ち出してまでも同意を取り付けようとするほど年金減額に反対する声は大きい!

NTT労使の姑息な手段とは・・

            NTT労組は年金減額へ向けた取り組みに大きな危機感をあらわにしています。なぜなら、年金制度改悪・年金減額と言うNTT労組要求が年金受給者・受給権者の反対で頓挫することになれば、これまで進めてきた構造改革の矛盾をあらわにすることになるからです。

            会社が全国各地で進めた地方説明会は、OB管理者を動員し繕うとしたが全体で2割弱の参加。その後の「三者協議会代表者選挙」でも投票率57%弱、しかも「年金減額反対!」を主張した岩崎候補には「1万票」を上回る得票(あと1500票で当選)を獲得したことなどがその背景にあります。

            会社は・・・・

            @ 「同意書」および「パンフ」が届いたかどうか確認電話、その際「企業年金の危機を訴え」「ぜひとも、同意をお願いする」そうだ。

             A  「同意書」の「未着」の人をリストアップし同意に向けた「電話勧奨」を行う。

B         それでも応じない人に「家庭訪問」を行い「同意」するよう説得する。

 NTT労組は会社に「危機感を持ってことにあたれ」と要求し「労組としても全力で取組むとしている。会社は「各支店で取り組みを具体化」し「電友会」「退職者の会」等のOB社員組織を使って「同意取り付け」を図る。また、OS会社に「業務委託」をはかり退職・再雇用労働者への「同意取り付け」(説得)を行うようだ。異常なほどの年金減額に対する対応は、NTT構造改革攻撃が現役のみならず退職者までもターゲットにしたトータルな攻撃だからです。

年金は大事な生活資金!約束を守らないのは会社だ!

一人でも多くの年金受給者に「年金減額不同意」と

「同意書を送らないで!」と広めてください!

年金受給者の皆さん!

力を合わせて年金減額を止めさせましょう。そのためには、皆さんの力が必要です。このホームページを呼んだ方が、お近くのNTT退職者に「年金減額不同意で!」と伝えてください。そして「同意書を絶対送付しないで!」と伝えてください。

 年金受給者の皆さん!

あなたのNTT時代の友人・知人に「電話」で「手紙」で「年金を減らされることはダメだ。だから同意書を送らないでください」と伝えてください。

 不同意・送付しなかったら不利益はあるのですか?

会社・NTT労組は、「返送しない!」(不同意)と言う行為が何か不利益を被るようなこと

を主張しています。しかし、何の不利益も生じません。減額するのに賛成か?反対か?を

問われたから「反対!」「減額に同意できません!」と意思を表明しただけですから。

赤字・運用利子との乖離などもっともらしい理由をつけてますが、積み立て不足金が生じ

たら「企業責任」で積み立てることがルールです。そのルールを破って年金受給者に、負

担してもらおうとするとんでもない考えが今回の問題です。NTTグループは赤字どころか

巨大な利益を上げています。年金減額の理由が一つもないのが実態です。